豆柴-ange-杏樹のブログ

2015年2月20日生まれのオンナノコ。 おてんばで怖がりなとこもあるけど、大物気質の持ち主。 豆柴アンジュの成長記録。

November 2016

寒くなってきたので、ちょくちょく散歩にでるとき服を着せてみている。

あと、シャンプーあとに汚されたくなくて

せっかくなので、ファッション誌風のフレームで加工してみました

image

購入店:idog

image

購入店:ペットパラダイス

image

購入店:カルル(セシルマクビーのコラボ)

どうでしょう


可愛い、可愛いと親バカ炸裂させています(笑)

11月20日(日)、アンジュとティアラちゃん(お父さんとおねーちゃん)とで、『箕面の滝』を見にでかけました!

当初、アンジュと二人だけで電車に乗って行こうかと計画していたのですが、当日にティアラちゃんのお父さんに「今日、箕面の滝行こうと思ってるんですよ~」というお話をしていたら、車で一緒に行こう!と、急遽一緒にでかける展開に!
ありがた~いお言葉に甘えまして車で箕面の滝まで連れていってもらいましたー。
本当に、ありがとうございます

という訳で、車でスイスイ箕面の滝へ。
阪急の箕面駅近くのパーキングに車を停めて徒歩で滝まで出発!

image

行きは、人通りの少ないお土産物屋さんのないルートで。
坂道がキツイ!

image

人間が早くも音を上げそうになるなか、ワンコたちはハイペースでクンクン、グングン坂を上ります。

西江寺の前を通るとこんどは、下り坂。
ワンコたちは、惰性で更にスピードがあがります。

image

下りきったところで、正規のルートと合流。
一気に人が増えました。

image

紅葉の方は、まずまず。といったところ。
でも、キレイね!
ワンコは、「花より団子」の「紅葉より匂い」に一生懸命でした。。。

image

来週だったら、もっと色づき良かったかなあ?

image

道なりに、風景を楽しみつつ、進んで行きます。
途中、お茶屋?休憩所なんかもあったり。
他のワンコとすれ違ったり。。。
しかし、道中ダッコ!ってなるかと思ったアンジュとティアラでしたが、頑張って歩いてくれました。

image

30分か40分くらい歩いたところで、いよいよ滝に近付いてきた感じが!
アンジュも川に興味津々。

image

やっとこさ着いた滝は、でかかった!
近くにいくと、ドドドッの音と共に風圧が!!
それに、アンジュがびびっちゃって。
唯一撮れたのがこの1枚。
ティアラちゃんも、写ってしまった(笑)
せっかくなら、並んで撮りたかったな…

image

雨上がりだったからか水量が豊富でした。
マイナスイオン感じながら、帰路へ。

image

途中、川縁に行ける場所があったのでアンジュと降りてみたよ。
だけどアンジュは、水が恐いのか尻尾が下がっちゃった

image

川縁で、1枚ハイチーズ

帰り道も、二匹ともダッコいわずにしっかり歩いてくれました~!
途中、お土産物屋さんで「焼き栗」と「もみじの天ぷら」を買いました。
もちろん、人間用(栗は、ワンコにも少しだけおすそわけしました)。

image

そんなこんなで、無事「箕面の滝」をアンジュとティアラちゃんで見ることができました!
連れて行ってくださった、ティアラちゃんのお父さんありがとうございます
ご一緒してくださった、ティアラちゃんのおねーちゃん&ティアラちゃんありがとう!!
良い思い出ができましたー。


アンジュ&ティアラ「箕面の滝へ行くゾ」の巻は、これにておしまい。
ドッグカフェも寄り道して帰ったのですが、またそれは次の記事で紹介しますね~

10月28日の記事に書いた、どんぐり集めの新記録がでました!

どんぐりゾーン(通り道にどんぐりの木がある場所)を通るとき、最近必ずといっていいほど、アンジュの『どんぐり蹴ってくれ』アピールがあるので、仕方なくどんぐりを蹴り散らします。

すると、転がるどんぐりを追いかけては、器用に前足を使って口の中にどんぐりを頬張っていきます。
ハルさんは、食べてしまわないか。飲み込まないかヒヤヒヤです。

image

そして、今日もたくさん集めましたどんぐり。
リスみたいに頬っぺた膨らんでるで。

image

っていうても、しれっとしているアンジュ。

ええ加減、出さないと怒るで~!と いうと溜め込んだどんぐりをドバーー!

image

バラバラでてきたどんぐりをペルちゃんママが数えます。

1、2、3、、、、今回の記録は、11個!!

すごいね、アンジュ!
やったね、新記録だー!!

って、どうなってるんや、その口は!
やめてくれー

ほんま、誤飲が怖いので良いコは、マネしないでね!


携帯を忘れたので今回は、ペルちゃんママに写真提供いただきました。
ありがとうございます

↑このページのトップヘ